#140 ダイエットはトレーニング時間をいかに確保できるか?で勝負は決まる。

引き締め専門トレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気に!』をモットーに活動しています。

ダイエットに失敗する人や、長続きしない人には共通する点があります。
それは、時間管理が上手ではないということです。


つまり、ダイエットしたいけど運動をする時間を捻出することが出来ないということ。
ダイエットを志したいなら、いかにして運動時間を捻出するか?
この段階で、勝負が決まります。


正直にお伝えすると、私のパーソナルを受けているお客様でも、いまいち結果が出てこない方はいらっしゃいます。
その方々に共通するのは、週に1回以上パーソナルを受けておらず、間隔が空いてしまっていることです。


間隔が空きすぎると、トレーニングは確認作業にしかならず、なかなか進歩しません。
やはり、トレーニングは毎週実施してこそ効果が出るのです。


そこで今回は、運動時間を捻出するための時間術について解説をしていきます。

ダイエットに成功したいなら、まずは何を犠牲にして取り組むのかを決める。


まずすべきなのは、やらないことを決めることです。
ダイエットをする、ジムに通う、この様に人はやることばかりにフォーカスをしがちです。


しかし、何かをするためには何かを諦めなければいけません。
これはトレードオフと言われています。


元アメリカ大統領のドナルド・トランプは、何か政策を実行するときは、その為に何を犠牲にしてその政策を実行するのかを決めていたと言われています。
それだけ何かをするためには、何かを犠牲にしなければなりません。


あなたもダイエットを志すために運動時間を確保するなら、一体何の時間を犠牲にするのかをまず決めましょう。
私も日頃のトレーニング時間や勉強時間を捻出するために、スマホにはゲームアプリを入れないということを決めています。


またテレビをリアルタイムで視聴すると時間を取られてしまうので、どうしても見たい番組がある時はTVerなどのサービスを利用し、1.5倍速で見るようにして時間を確保しています。


このように運動時間を確保するために、果たして何を犠牲にするのかまず決めましょう。

TV、SNS、Youtubeの時間を減らせば運動時間は作れる


優先的に減らすべきはテレビ、SNS、YouTube の時間です。
国民生活時間調査の報告によると、日本人の1週間のテレビ視聴時間は平均9時間と言われています。


またデータマーケティング支援のGlossom株式会社が行った報告によると、1人の人が1日にSNS、またはYouTube を利用している時間は平均で77分に及ぶとの結果が出ています。

つまり我々は時間がないと言いつも、1日で平均して2〜3時間程度はテレビ、SNS、YouTubeに時間を奪われているのです。


これらの時間を半分にすれば、自ずと毎日1時間程度は運動する時間が確保できます。
これは紛れもない事実ですが、ダイエットに成功する人は皆様共通して時間管理が上手く、優先順位の立て方も上手いです。


あなたも時間がないと悩むのではなく、どうしたら時間が確保出来るのかな?と悩み運動時間を確保しましょう。
いかにして運動時間を捻出するか?そこで勝負は決まります。 

編集後記


読書の秋という事で、勉強の為の本をまとめ買いしました。
私の優先順位は①仕事②勉強・自己投資③趣味 の順番です。
ダイエットに失敗する人は2と3が逆になりがちです。

体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓