#132 ダイエット・ボディメイクに成功したいならKSFを見極め全集中すること

引き締め専門トレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気に!』をモットーに活動しています。

マーケティング用語には、『KSF』と言われるものがあります。
これはキーサクセスファクターの略で、企業にとっての重要成功要因のことを言います。



実はこれ、ダイエットにもとても重要なことなのです。
なぜなら、重要成功要因を無視して見当違いの努力をしても、なかなか体が引き締まることはないからです。
それでは詳しく解説をしていきます。

KSFから目を背けた努力をしても結果はついてこない。



KSFをわかりやすく解説するために、サッカーに例えて話をしていきます。
とあるサッカーチームの成績が毎回0-0のスコアだったと仮定します。


この場合、勝つためのKSFはどこにあるかと言うと得点力アップです。
いくら失点を防いでも肝心の得点が奪えないのなら、いつまでたっても引き分けままなので勝つことができません。


すなわち、このサッカーチームにとってのKSFは得点力を向上させることにあります。
ここでKSFを守備力の向上と間違って判断すると、いつまでも得点力が伸びないのでチームの成績が上がることはありません。


これは、ダイエットにも通じることです。
あなた自身が太ってしまった1番の原因は一体何なのでしょうか?
まずは、それを突き止めることからダイエットは始まっていきます。


あなたのダイエットにおいてのKSF何なのか?
お酒の飲みすぎが原因なら、お酒の量や頻度を調節するのがあなたのKSFです。
加齢による筋肉の低下が原因で太ってきたしまったのなら、筋トレをして筋肉を増やすことがKSFにあたるでしょう。


しかし、多くの人が陥りがちなのは自分自身のKSFを分かっているにも関わらず、見当違いの努力をしてしまうことです。


例えば、お酒の飲み過ぎが原因なのは分かっているけど、それを減らすのは辛いからダイエットサプリにお金を投じてみる。
筋肉の減少が太った原因だと自分ではわかっているけれど、筋トレは自分には合わなそうだからとウォーキングを行う。


このように自分のKSFを分かっているのに、別のことに努力を費やしがちです。
しかし、それは考えが甘すぎます。
自分がダイエットするために必要なKSFは何なのかを見極めたら、そこから目を背けず努力をしていかなければいけません。


敵の弱点がわかったのにそこを攻めず、別のところを攻撃しているのと同じくらい愚かなことです。

自分でKSFを見つけられないなら、他者の力を借りること。

では、自分自身でKSFが分からない場合はどのようにしたら良いのでしょうか?
その場合は、専門家の意見を借りて自分のKSFが何なのかを指摘してもらうことが良いでしょう。


機械に例えると、機械は自分自身でバグを見つけることはできません。
人間が定期的にメンテナンスをすることでバグを発見し、直してもらうことができるのです。


それと同じように、自分のKSFが何なのかが分からないなら、他者の力を借りて自分のKSFが何なのかを突き止めるのがダイエットの近道になります。
以上のことから、自分の太ってしまった原因『KSF』を見極め、そこから目を背けず改善する努力をしていきましょう。

編集後記


活動先のフィットネスクラブでは、キッズスクールの子供たちの為に短冊の七夕飾りが先日まで飾られていました。
ここ2年の子供たちの願い事は、『コロナが終わりますように』がダントツで多いです。
日本の未来を作る子供たちの願い事に、毎年こんな事を書かせてしまうのは心苦しい限り・・・。
コロナが永遠になくなることはほぼ不可能なのですから、早く5類相当にしてほしいと切に願います。


体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓