#85 ダイエットのやる気を最も上げるもの


引き締め専門パーソナルトレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気にする!』をモットーに活動しています。

ダイエットするにあたっては、あなた自身のやる気がとても重要。
やる気がある人は、辛いことでも乗り越えることができます。
そして最終的には身体を変えることができます。


そうは言っても、なかなかやる気が出ない・・・。
そんな方もいらっしゃるでしょう。
そこで今日は効果的にやる気を向上させる方法を解説していきます。


結論から言うと、やる件を向上させるのに最も効果的な方法は『小さな成功体験』を積み重ねていくことです。


それでは詳しく解説していきます。


物事が前に進んでいるとやる気は高まる


小さな成功体験が人間のやる気の向上に繋がるということは、実験からも証明されています。
人間のやる気・モチベーションの研究をしているハーバード大学の実験です。

テレサ・アマーベルという教授が行った研究では、7つの会社から238人のビジネスマンを対象にして12,000時間の間、やる気の変動を観察していきました。
12,000時間と言うと、大体500日程度。
2年程度の期間を観察に当てたことになります。


238人のビジネスマンを観察した結果、やる気の影響力で最も大きいのは『物事が前に進んでいる』という感覚だったということ。
つまり小さな成功を自分自身で実感していたということなのです。


ある目的があり、その手前に何個かハードルがあるというイメージというとわかりやすいでしょうか。
そのハードルを一つ越えるごとに、『自分にはできる・やれる』という感覚が高まっていき、やる気の向上に繋がっていくのです。


これはダイエットにおいても同じ。
ダイエットをする時でも、やる気を高めるためには『自分は着実に前に進んでいる』という感覚を得ることが大事です。
そのためには、小さな成功体験を積み重ねていくこと。





ハードルの低い短期・中期目標を決める


どうしてもダイエットと言うと、最終的な目標にばっかりとらわれてしまいます。
例えば、『夏までに5キロ痩せる!』など。
そこばかり見ていると、例え1キロ痩せたとしても最終目標にばかりとらわれてしまい、スタート地点から自分が進歩していたとしても、いまいちやる気が上がりません。


なので、最終目標を決めたらその過程の短期目標・中間目標というのをしっかり決めていきましょう。
今まで全く運動してこなかった人は、週1回ジムに通うだけでも相当な進歩です。
過去の自分から比較すると、十分な成長と言えます。


やる気を高めるには、自分で越えられそうな低めのハードルをまずは設定してみましょう。
それを一つずつ越えていくことで、自分にはできる・やれるという感覚を高めることができます。


私も先日書籍を出版させていただきましたが、本を執筆するというのは初めての経験でした。
文章書くのに乗り気じゃない、やる気が出ないときもありましたが少しでも筆が進んだらそれでOKとしていました。
何故なら、少しでも筆が進んだのであればそれは小さな成功体験となるからです。
その繰り返しで、自分にはできるという感覚を高めてやる気が停滞するのを防いでいたのです。


要は心の持ちようです。


あなたもダイエットのやる気が出ない時は、設定するハードルを低くしてみてはいかがでしょう?
それを越えることができたら、確実にあなたは成長しています。
その繰り返しでやる気が高まり、最終的に理想の体にしっかり近づいていくことでしょう。 

まとめ

◆物事が着実に前に進んでいる時に人間のやる気は高まる。
◆その為には小さな成功体験を積み重ねること。
◆最終目標に囚われず、ハードルの低い短期・中期目標を立てる。


編集後記

辛いのが好きなのでプルダックを良く食べますが、1番辛いのに挑戦してみたくなりました。


体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓