#54 『セルライトは筋トレでは落ちません』の主張は科学的根拠が弱い


パーソナルトレーナーの荒井です。


以前エステティシャンの方から、『セルライトは筋トレでは落ちませんよ〜!科学的根拠もあります!』と言われ、本当かいな?!と長年思っていました。
そこで科学的根拠があるのならば論文を調べてみようと思い、下記の論文を今回読んでみました。


https://link.springer.com/article/10.1007/s13555-013-0039-5


読んだ感想としては、『セルライトは筋トレでは落ちませんよ』と言うには科学的根拠が弱いな〜という印象です。
なぜなら、この実験で用いられている筋トレはあまりにも負荷の弱いものだからです。
そもそも科学的根拠というものはあるなしで判断するのではなく、強いか弱いかを持って判断するものなのです。
論文は常に疑いながら読む必要があります。



上で紹介した論文を簡単にまとめると、セルライトに悩む女性をランダムで2つのグループに分けて実験。
1つ目のグループはセルライトを治療する器具に加えて、家で筋トレを行ったグループ。
2つ目のグループは被験者には内緒で偽物の治療器具を使い、1つ目のグループと同じように筋トレを行う。


その結果1つ目のグループではセルライトの改善が認められたものの、2つ目のグループでは改善が見られなかったのです。
これらの結果から筋トレを取り入れても、セルライト改善の効果はないという結論です。
これだけ聞くと、『やっぱりセルライトの改善に筋トレは無意味なのか〜』と思ってしまいます。


ですがちょっと待ってください。


この実験で用いられてるエクササイズをリンクから見てみましょう。
四つ這いで脚を上げ下げするエクササイズを2種目やっていますね。



これ、すごく楽で簡単すぎるエクササイズじゃないでしょうか?



正直このエクササイズでは、そりゃセルライトの改善は出来ないよな〜という感想です。
なぜかと言うとトレーニングの効果を出すためにはいくつかのルールがあるからです。
そのルールが欠けていると効果が出ないのです。


ここで欠けているルールは漸進性(ぜんしんせい)と過負荷と言うルールです。
漸進性とは、筋トレは回数や重さなどを徐々にレベルアップさせなければいけないと言うルールです。
過負荷とは、身体には一定以上の負荷が必要不可欠。
つまり、あまりにも楽な筋トレは効果がないと言うことです。



この2点が欠けてしまっている筋トレなので、そりゃ効果も出ないだろうな〜というのが私の感想です。
仮説としてはバーベルやマシンを用いて、しっかり計画されたトレーニングをすれば改善の可能性があるのでは?と思います。
実際、筋トレでセルライトが改善されましたと言う体験談はたくさんありますしね。



この実験でわかることは、エステで用いられている器具はセルライトを改善する効果があるということは十分に立証できます。
しかし、筋トレはセルライトの改善には効果がないと立証するにはかなり弱い科学的根拠です。
正直エステ側にかなり有利な実験の仕方です。



皆さんも科学的根拠があるからと言って鵜呑みにせず、その科学的根拠が強いものか弱いものかというのを疑いながらデータを見るようにしてみましょう。




【編集後記】
マスクを常時つけている世の中になったのでこの機会に歯列矯正でもしようかな?と思ったのですが、相場を調べてなかなかに衝撃を受けました・・・。

体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓