#155 健康の為にするものなので、『ダイエットで体調を崩す』はおかしい

引き締め専門トレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気に!』をモットーに活動中です。
一般の方の指導の他、関東で唯一のJRA日本中央競馬会 騎手実践課程のフィジカルコーチやamazonランキング1位の著者としても活動しています。

ダイエットをするきっかけは人それぞれですが、ダイエットとは本来健康に向かうための作業です。
なので、ダイエットをして体調を崩したというのは本末転倒であり、おかしいことでもあります。


そこで今回は、ダイエットで体調を崩してしまう人が陥っている2つのことについてお伝えします。
結論から言うと、1つ目の理由がダイエットのペースが速すぎること。
2つ目が、そもそものダイエットのやり方を間違えていることです。


それでは、1つずつ解説をしていきます。

速く痩せようとすると体調を崩しやすくなる


ダイエットで体調を崩してしまう方によくあるのが、ダイエットのペースが速すぎることです。
ダイエットのペースが速すぎると、体脂肪だけではなく筋肉量も落ちてしまいます。


また極度の栄養不足に陥るリスクも高まり、体調も崩しやすくなってしまうのです。
では、理想的なダイエットのペースはどのくらいなのでしょうか?


全米ストレングス&コンディショニング協会が提唱しているダイエットのペースは、半年間で体重の10%です。
60キロの人なら、半年間で6キロ落とすペースということ。



これよりも速いペースで痩せようとすると、健康を害するダイエットになりやすいです。
なるべく速く痩せたいという思いもよくわかりますが、ダイエットで健康を害してしまっては本末転倒。
長いスパンで着実に痩せた方が、一見遠回りのようで近道です。

『餅は餅屋』マインドがダイエット成功の鍵


2つ目の理由が、そもそものダイエットのやり方を間違えてしまっているパターンです。
ダイエットをするにあたって、自己流のダイエットは絶対にやめましょう。
文字通り、自己流のダイエットは事故につながります。



昨今は、ダイエットに関する情報を手軽に調べることができるようなりました。
しかし、ネットの情報は玉石混合。
中には何の根拠もない、トンデモ理論がまかり通ってしまっています。


ダイエットやボディメイクは科学です。
何の科学的根拠もない、個人的見解に騙されないようにしましょう。
やり方を間違えたダイエットは、効果がないばかりかオーバーワークに繋がったり、極度の栄養不足に陥ってしまい健康を害してしまいます。


やり方を間違えないためには、『餅は餅屋』と言われるように専門家の意見に身を委ねましょう。
手前味噌にはなりますが、パーソナルトレーナーはあなたのダイエットをサポートする心強い伴走者です。


あなたのモチベーションが落ち、挫折する背中を引っ張ってくれることでしょう。
以上のことから、ダイエットで体調を悪くしてしまう人が陥いることの1つ目が、ダイエットのペースが速いこと。
2つ目が、そもそものダイエットのやり方を間違えていることです。


ダイエットの先の描くビジョンは人それぞれですが、ダイエットは本来健康のために行うものです。
適切な運動と規則正しい食生活のダイエットをしていれば、体調は悪くなるどころかむしろ良い方向に向かっていきます。
ダイエット自体で健康を害さないように、筋トレと食事改善に取り組んでいきましょう。

編集後記


お正月休みを利用して、映画『THE FIRST SLAM DUNK』を鑑賞しました。
今まで観てきたアニメ映画の中で、No.1の素晴らしさです。
オープニングの格好良さだけで2回目を観たくなる作品。

豪華2大特典!科学的に正しいくびれ作りが、この1冊で丸わかり♪
amazonランキング1位獲得の電子書籍『くびれたいなら腹筋はまだするな!』&『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

amazonランキング2部門で1位を獲得した電子書籍『くびれたいなら腹筋はまだするな!』と『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓