#128 初回体験でトレーニングメニュー作成をしない理由

引き締め専門トレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気に!』をモットーに活動しています。

ホームページにも記載していることですが、トレーニングメニューを作成して欲しいだけの初回体験は事前にお断りをしています。

なぜなら、即席で作られたトレーニングメニューだけでカラダが変わるほどボディメイクは甘くないからです。

トレーニングメニューを作成してくれないなんて、荒井はケチな奴だな・・・と思うかもしれません。
しかし、これは心の底からお客様の事を想ってるからこそ、あえて作らないという判断を下しているのです。

それでは詳しく説明はしていきます。

即席の物より手間暇かけた物の方がクオリティが高い



まず初めに、効果的なトレーニングメニューというものは即席で作れるものではありません。


お客様の今までの運動歴・病歴・怪我の有無、ジムに通った経験などを十分ヒアリングし、お客様の柔軟性・筋力・身長・体重・体脂肪率・筋力の左右差・体の使い方・動きの癖など・・・。
そういったものを吟味し、入念に作られるからこそ十分に効果が出るメニューになるのです。


出会ったその日に、その場で作られたメニューではこういった細かいことまで考慮されていません。
なので、そのメニューをこなしたとしても効果が出る確率はゼロに近いでしょう。
早く出てくる牛丼よりも、手間ひまかけて作った料理の方がクオリティーが高いのと一緒です。

その場で作られたメニューではそもそも効果が出にくい


そしてトレーニングには漸進性(ぜんしんせい)という、守らなければいけないルールが存在します。
これは体力の上昇に合わせて、徐々に負荷を上げていかなければいけないというルールです。


例えば20kgでスクワットをしている人が1ヶ月後も半年後も同じ重さ・回数でスクワットをしていたとしても、負荷が変わっていないので体の変化は出にくい物です。


またずっと同じ内容のものをやっていても、次第に体の変化は伸び悩み、やがては衰えるスピードの方が勝ってしまいます。
即席で作られたメニューの場合、初期の体力値で作られた内容の為、思ったような体力の伸びが見られず体も思うように変わっていかないでしょう。


メニューというのは負荷や種目を変えていかなければ効果は出ないのです。
『荒井にメニューを作ってもらったけど、効果が出ないから大したトレーナーでは無いのだろう』
と思われては元も子もありません。


なので、メニュー作成だけして欲しい方の体験受講はお断りをしています。

メニューを作ってもらっても翌日にはやり方を66%忘れてしまっている


またトレーニングメニューを即席で作ってもらっても、それ以降自分一人でトレーニングする場合、フォームが適切にできない可能性が高くなります。
なぜなら、エビングハウスの忘却曲線でも示されている通り、人間はその日学んだことは翌日には34%しか覚えていないというデータがあるためです。
(wikipediaより)


つまり即席のトレーニングメニューを渡されても、翌日にはそのやり方は34%しか覚えていないということです。
その結果どうなるか?
効果が出ないばかりではなく、フォームを間違えて怪我をしてしまう恐れもあります。


あなたに念頭においていただきたいのは、パーソナルトレーニングというのは単発の指導で体が変わるものでもないし、大きな学びを得るものでもないということです。
英会話の教室でも、教習所でもそうだと思うのですが1回だけの指導で英語をマスターしたり、車が運転できるようになるわけではありません。



繰り返し学ぶことで、それらは実になるものです。


パーソナルトレーニングでもそれは同じです。
繰り返し受講することで、あなたの身体は変わっていきます。(最低でも3ヶ月)


最初から継続して受ける気がない、初回体験だけでノウハウを学んでしまおう、メニューだけ作成してもらおうという甘い考えは今すぐ捨てましょう。
自己投資なくして自分の身体は変えられません。


編集後記


集英社様に取材をしていただき、記事が掲載されました!!





体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓