#74 ストレスでドカ食いしてしまう場合の対処法


パーソナルトレーナーの荒井です。
ボディメイクを通じて人々の自尊心を高める!をモットーに活動しています。


ストレスでドカ食いしてしまう・・・。
そんなお悩みを抱えてはいませんか?確かに仕事終わりに食べるご飯は最高ですよね。
ですが、ストレスを食事で解消しようとすると肥満につながってしまいます。
この場合は何を食べるかなど食事法を考えるよりも、『なぜそもそもストレスが溜まってしまうのか?』という部分にフォーカスをした方が良いです。
なぜならストレスが溜まってしまう原因、元となる部分にフォーカスをしないと根本の問題の解決にはならないからです。


早速結論から入っていきます。


ストレスでドカ食いをしてしまう人は、ストレスを溜めない思考と上手にストレスを解消するテクニックを身につけましょう。
そのためには、
①使う言葉を変える。
②ストレスを紙に書き出す。
③マインドフルネス瞑想をする
の3つがお勧めです。



それでは詳しく解説をしていきます。

私も元々はストレスを溜めやすい性格でした。
ですがストレスとの向き合い方、上手な解消の仕方を身につけることで問題を解決しました。
おかげで今はストレスフリーです。


方法はいたってシンプル。
本で知識をつけて、自分の中で実践できそうなものをやってみただけです。

人間というのは、自分の知っている範囲の中の問題はストレスとは感じません。
逆に、自分の知らない範囲外の部分で問題が起きるとストレスを強く感じる生き物です。
なので自分の知識量を増やし、ストレスに耐えることのできる心を作っていく必要があります。
そのために最も手軽にできるのが読書です。



具体的には以下の本がおすすめです。




端から端まで読む必要はなく、自分の中でこれはできそうだなと思うことを試してみると良いでしょう。
この書籍の中で、私が実際にやってみて効果のあったものを3つ説明していきます。


①使う言葉を変える


まず1つ目は使う言葉を変えることです。
人間はストレスを感じると、ついついネガティブな言葉を自分にかけたくなります。
これを逆にするのです。
ストレスのある時こそ、意図的にポジティブな言葉を自分自身にかけるようにします。いわゆる自己暗示です。


つまりストレスを感じたら、わざと
ラッキー!よっしゃ!面白くなってきた!
などつぶやいてみたり、心の中で唱えてみるのです。
ピンチはチャンスと良く言いますよね。


こういったポジティブな言葉は、口には出さずとも脳に戻っていきます。
潜在意識と呼ばれる無意識領域にその言葉がインプットされ自己暗示にかかりやすくなります。


ネガティブなことばかり言っていたり、思っていたりするとあなたはますますネガティブになってしまいます。
ネガティブな人間ほどストレスに弱くなります。
ピンチの時こそチャンスと捉え、ポジティブワードを意図的に使ってみましょう。

②ストレスを紙に書き出す


2つ目の方法は、思ったことをや感情を紙に書くことです。
通称『エクスプレッシブライティング』と言います。


よくありがちなのが、家族や友人などに愚痴や不満を言ってしまうこと。
一見するとストレス解消になりそうですが、実は逆にストレスが溜まってしまいます。
先ほど述べたように、ネガティブな言葉を言えばいうほど無意識領域に染み込んでしまい、どんどんネガティブな人間となってしまいます。


そして愚痴や不満ばかり言う習慣を持つと、あなたの周りも同じように愚痴や不満を言う人々が集まってしまいます。
なのでその場合は、自分のストレスを紙に書き出しましょう。


それを後で見返してみると、自分はこんな感情だったのか・・・と客観的な目で自分を見ることができます。
紙を後で見返すことで、自分自身の感情を受け入れることができるようになります。
また紙にストレスを吐き出す行為は想像以上に気持ちいいものです。
SNSと違い炎上する心配もないので、どんな汚い言葉を使っても大丈夫と言うのも安心ですね。


また私の場合は紙に書くことで、自分がストレスを感じやすいパターンというのも知ることができます。
ストレスの感じ方には個々人の共通のパターンが存在します。
自分でそれが認識できたら、回避するような行動を日頃から取るようにすると良いでしょう。



③マインドフルネス瞑想をする


3つ目の方法がマインドフルネス瞑想です。
ストレスを溜めやすい人の特徴は、
過去に起こったことや、これから先に起こるかもしれないことに関して不安や恐怖・怒りを感じやすいことです。



瞑想はそんな考えを断ち切り、『今この瞬間』に集中する心を作っていく作業です。
と言ってもやり方は簡単。座って呼吸に集中するだけ。
途中、雑念が浮かんできたらまた呼吸に意識を戻しましょう。


雑念を振り払い、また呼吸に集中する。その作業を繰り返すことで『今この瞬間』に集中する能力を身につけることができます。
私も毎朝5分〜7分ぐらいの時間を瞑想に費やしています。
瞑想が習慣化され、3ヶ月を過ぎたあたりから目の前の物事に集中する意識が高まり、ストレスを感じづらくなったり日々の生活でも些細なミスを減らせるようになりました。



今回はこのように3つの方法を紹介しましたが、上手なストレス解消法・ストレスをためない心のつくり方に関しては色々方法があります。
なので、自分にあったものを試してみるといいでしょう。


ストレスでドカ食いしてしまう人は食事法の前にストレスを溜めない心と上手な解消法を身につけましょう。
そうすることドカ食いをする頻度が減り、あなたは理想の体に近づいていきます。



【編集後記】
サートゥルナーリアの引退がショックです。(競馬)


体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓