#71 筋トレの習慣がある人は年末年始に食べすぎても太りづらい



パーソナルトレーナーの荒井です。
ボディメイクを通じて人々の自尊心を高める!を目標に活動しています。



日頃から筋トレに取り組んでいる人は、年末年始に食べ過ぎても体重が増えづらいです。
なので年末年始ぐらいは自分の好きなものを食べましょう。
じゃないと人生楽しくないですからね。


今回は、なぜ筋トレの習慣がある人は食べ過ぎても太りづらくなるかについて記事を書いていきます。


結論から言うと、筋トレを習慣にすると基礎代謝が上がるからです。
基礎代謝とは、1日何もしていなくても消費されるカロリーの量のことを言います。



基礎代謝が高いというのは簡単に言うと燃費のいいカラダということです。
基礎代謝が高い人は、日常生活で消費されるカロリーの量も高いので太りづらくなります。
実際に私(荒井)の指導を受けているお客様も、その効果を実感されているようです↓



ではその基礎代謝を上げるにはどうしたらいいかと言うと、やはり筋トレをすることです。
基礎代謝を上げるには筋肉量を上げることしか手段がありません。
年を取ると太りやすくなるのは、筋肉量が減ることで基礎代謝が落ちるからです。


基礎代謝はランニングをしたり、エステに通っても上がることはありません。




筋肉量を上げるにはどういう筋トレをしたらいいかと言うと、10回程度できつくなる負荷でトレーニングをしていく必要があります。
何十回も楽々にできてしまうような負荷では、筋肉量を上げる効果は期待できません。
なので、マシンやバーベル・ダンベルなどの負荷を使って10回がギリギリになるようなトレーニングをしていきましょう。


『筋肉量が増えてマッチョになったらどうしよう・・・』
そんな心配をする必要はありません。
それは、かけ算とわり算を覚えたら東大に合格してしまう!と考えているのと同じです。

あなたが思っているほど簡単に人間はマッチョにはなりません。
太くなった脚の原因は筋肉ではなく脂肪です。





ですがこのような器具を使った筋トレの場合、フォームを間違うと効果が出ないばかりか、怪我をしてしまう恐れもあります。
また、自分にとってどのぐらいの重さが10回ギリギリになるのかを自分で判断するのは難しいです。
ぜひここは専門家の指導のもと、自分にとってどんなトレーニングや負荷が適切かを判断してもらうようにしましょう。



食べ過ぎた翌日に一時的に体重が増えることもありますが、それは塩分を取りすぎたことによるむくみです。
体脂肪というのは瞬間的には増えないので、翌日に体重が上がったとしても代謝が高い人はまた体重が元に戻ります。



以上のことから、日頃筋トレに取り組んでいる人は年末年始ぐらいは好きなものを食べてストレスを解消しましょう。
あなたが習慣としてきた筋トレが、あなたの体重の上昇をちゃんと防いでくれます。


これまでに筋トレに取り組んだことがない人は心機一転、新年からトレーニングを習慣づけてみてはいかがでしょうか?
きっと太りづらい身体が手に入りますよ。



【編集後記】
自分へのクリスマスプレゼントとしてスキャナーを購入しました。
書籍の数が多くなってきて部屋に置ききれなくなったので、ペーパレス化を進めていきたいところです。



体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓