#49 甘いお菓子が食べたくなったら果物で代替えをする

パーソナルトレーナーの荒井です。


ダイエット中にはお菓子やケーキ、アイスクリームと言った甘いものは避けたいところです。
なぜかと言うと高カロリーであることや、ビタミンやミネラルといった必要な栄養素がほとんど含まれていないからです。
こういったものが食べたくなった時には、フルーツを食べて代替えすることをおすすめしています。


フルーツは人工的に甘くしたものではないのでお菓子に比べ、脂質・カロリー共に少ないです。
甘いものを食べたという満足感を得ることもできます。
今回の記事では私が間食としておすすめする果物を3つ、あなたにお伝えします。


まず1つ目は、スイカです。
スイカはほとんどが水分であり、スイカに含まれる栄養素のカリウムは体内にたまった塩分を外に排出してくれる役割があります。
なのでむくみの改善にも効果があります。
食べる際には塩をかけずにそのまま食べると良いでしょう 。


2つ目におすすめなのは、バナナです。
おすすめの理由としては他の果物と比べて腹持ちがいいからです。
加えてバナナには腸内環境を整える作用もあります。
なのでお腹を下していたり、便秘気味の人どちらにも改善の効果が期待できます。
しかし果物の中では比較的高カロリーな部類に入るので、食べるのは1日1本程度にしておきましょう。


3つ目におすすめなのが、イチゴです。
イチゴなどのベリー系の果物は他の果物に比べて糖質が少なめです。
なので糖質を気にしている方にはおすすめの果物となります。


果物はお菓子の代替えなので、食べる時間はお昼ごはんと夜ごはんの間が良いでしょう。
お菓子に比べてヘルシーとはいっても、カロリーを摂取することに変わりはありません。
脂肪に変わりやすい、寝る前の時間の摂取は控えることが望ましいです。


余談ですが、ごくまれに『野菜が嫌いなので果物でビタミンをとっています!』という方を見かけます。
ですが野菜の置き換えとして果物を食べるというのは、好ましいものではありません。
それは持っている栄養素は野菜と果物では全く違うからです。(同じビタミンでも種類が異なります)
野菜で不足している栄養素を、果物で補うことはできません。
野菜が苦手ならサプリメントを活用しましょう。


以上のことから、甘いお菓子が食べたくなった時は代替えとして果物をとってみましょう。
スイカ、バナナ、イチゴなどがオススメです。
とはいっても食べすぎには注意してくださいね。


体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓