#40 免疫力を高める食物繊維の摂り方


パーソナルトレーナーの荒井です。


免疫力を高めるには腸を健康にしておくことが重要です。
腸を健康にするためには『老廃物を出す→いい菌を入れて育てる』この流れが必要です。
老廃物を出すには食物繊維を摂取すること、いい菌を入れて育てるには乳酸菌を摂取すること。
この2点が欠かせません。


今回の記事では自分の腸の状態に合わせた食物繊維の摂取の仕方について説明をします。

結論から言うと、お腹がゆるい人は不溶性の食物繊維を。
便秘気味の人は水溶性の食物繊維をとると良いでしょう。

なぜかと言うとそれぞれの食物繊維には役割があるからです。



不溶性の食物繊維というのは水に溶けない食物繊維のことを言います。
穀類、豆類、野菜、きのこなどがあげられます

お腹がゆるい時にこういった食物繊維を摂ることで 腸の状態を改善する効果が期待できます。
逆に便秘気味の人が不溶性食物繊維を摂りすぎてしまうと腸の状態は思うように改善しません。


水溶性の食物繊維は水に溶ける食物繊維です。
昆布、わかめ、こんにゃくなどがあげられます。
分かりやすくとネバネバ、ドロドロしたような食材がこれにあたります

便秘気味の人が水溶性食物繊維を摂取することで腸の運動が活発になり便をしやすくしてくれます。
逆にお腹がゆるい人が水溶性食物繊維を摂りすぎると さらにお腹がゆるくなってしまうのです。


腸の状態が特に異常のない人は水溶性・不溶性同じぐらいの割合で摂取すると良いでしょう。
またお腹がゆるかったり、便秘の方は自分の状態に合わせて必要な食物繊維の方を多く摂取しましょう。
例えば便秘の方の場合は水溶性の食物繊維の方を多めに、2対1程度の割合で摂取していくことをお勧めします。



このように自分の腸の状態に合わせて適した食物繊維を摂り腸を元気にして免疫力を向上していきましょう。

体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓