#122 身体を引き締めたいなら、午前と午後どちらで筋トレをするべきか?



引き締め専門トレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気に!』をモットーに活動しています。

今回はボディメイクが目的で筋トレをする場合は、午前と午後どっちに行った方が効果が高いのか?について解説をしていきます。


結論から言うと、ボディメイクが目的の場合は、どちらの時間に行っても有意な差は生じない可能性が高いです。


それでは、詳しく解説をしていきます。


今回紹介する論文では、様々な研究機関の報告をもとに、朝と夕方どちらに筋トレをした方が効果が高まるのか?について分析を行いました。
分析の結果、筋力という観点から見ると朝と夕方では夕方の方が筋力が高いという分析結果が得られました。


つまり、朝よりも夕方に筋トレをした場合の方が重さが挙がる可能性が高いということです。
寝起き間もない段階で重りを挙げるのはつらいですし、これは納得の結果ですね。


例えば、いつも夕方のトレーニングでスクワット20kgを実施しているとしたら、その人が朝にトレーニングをしたら20kgの重りがいつもより重く感じる可能性が高いということ。



しかしこの論文の分析によると、長期間午前中でのトレーニングを続けると、夕方と同じ程度の筋力を発揮することができるというデータが示されています。
つまり、長い間午前中にトレーニングを積んでいけば、夕方と同じぐらいのパフォーマンスでトレーニングをすることが可能だということです。



しかし、ここまでの指標で使われているのはあくまでも筋力(挙上重量)。
ボディメイクが目的の場合は筋肉をつけることが重要。


では、筋肉をつけるためには午前と午後、どちらでトレーニングをした方が筋肉がつきやすいのか?
今回紹介した分析結果では、筋肉のサイズの増加については午前に行っても、夕方に行っても有意な差は生じなかったのです。




なのでボディメイクが目的の方の場合、トレーニングを朝にやるかor夕方にやるか?というのは、ほとんど気にしなくて良いでしょう。
いちいち細かいことは気にせずに、ジムに行ってトレーニングに取り組むのがおすすめです。



実際に私もジムに通って筋トレをする時間は、日によっては早朝であったり深夜であったりとまちまちです。
あなたの日常生活のルーティンに組み込みやすい時間に筋トレしましょう。


編集後記


トレーナーとしての活動のほか、電子書籍作家としての活動もしてきましたが、今後は出版してみたい方向けのプロデュースの仕事もしていきます。
出版をすることで、ご自身のビジネスのブランディングにもなるのでオススメです。



体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓