#107 痩せるなら筋トレと有酸素、どっちを先にやるべきか?


引き締め専門トレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気にする!』をモットーに活動しています。


ダイエットをしたい方がジムに通い始めると、筋トレと有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)は、どっちを先にやった方が効果が高いの?
と思うのではないでしょうか。


そこで今回は2つの論文をもとに、筋トレと有酸素どちらを先にやるべきかについて解説をしていきます。



結論から先に述べると、どちらを先にやっても効果に差はありません。




それでは論文をもとに解説をします。
まず紹介するのが、アメリカ・ラトガーズ大学のPatrick M. Davitt博士らによる研究結果です。



この研究では運動習慣の無い、女子大生23名を対象に実験が行われました。
有酸素→筋トレの順番でトレーニングを実施する13名と、筋トレ→有酸素の順番でトレーニングをする10名とにグループを分け、8週間後に筋肉量や体脂肪率の変化に差が出るかを検証しました。


その結果、両方のグループとも体組成は改善されましたが、グループ間で有意な差は生じませんでした。


この実験では有酸素運動、筋トレの順番による運動効果に差は出なかったのです。


次に紹介するのは、順天堂大学による研究結果です。


こちらの実験では、平均年齢47歳の女性36名を対象に実施。
有酸素→筋トレの順番で行う16名のグループAと、筋トレ→有酸素の順番で行う16名のグループB、何もしない4名のグループCの3つに分かれました。


週2回のトレーニングを5週間行ったところ、AとBともに体脂肪の減少が認められましたが、グループ間に有意な差は生じませんでした。


この研究でも、有酸素・筋トレの順番に効果の差はなしと出たのです。


今までは私自身も、『筋トレを先に実施したほうがホルモン分泌が活発になり、ダイエット効果がより期待できる』と習っていましたが、ホルモン分泌が活発になる=痩せやすくなるわけではないようです。


これらの結果からダイエットの為には、筋トレと有酸素どっちを先にやっても効果に差はありません。
順番を気にせず、ボディメイクに励んでいきましょう。

編集後記


先日2回目のコロナウイルスワクチンを接種してきました。
腕の痛みはあるものの、発熱などの症状は翌日以降もなし。

ありがたいことに、副反応とは何ぞや?という状況でした。
体の強い子に育ててくれた両親に感謝です♪




体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓