#106 下っ腹・ポッコリお腹を治すには


引き締め専門トレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気にする!』をモットーに活動しています。

下っ腹・お腹の下の部分がぽっこりしていて、とても気になっている・・・。
こんなお悩みを抱えてはいませんか?


今日は、ぽっこりお腹を撃退する方法についてお伝えしていきます。


まず、脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪という2つの種類があります。

皮下脂肪は、皮膚の下に蓄積される脂肪のこと。
お尻まわりや太ももがたるんでくるのは、皮下脂肪の増加によるものです。


内臓脂肪は名前の通り、内臓の周りに蓄積される脂肪。
なので、ポッコリお腹の原因は内臓脂肪によるものです。

腹筋運動をしてもポッコリお腹は治らない


よく皆さんが勘違いしてしまうのは、お腹の脂肪を落としたいからといって腹筋運動ばかりしてしまうこと。
腹筋運動してもお腹の脂肪が優先的に落ちるわけではないということは、研究でも明らかになっています。


ご紹介するのは今から30年以上も前、1984年にマサチューセッツ工科大学のKatchが行った研究です。
この研究では、腹筋運動を実施するグループ13名と何も運動をしないグループ6名が、27日間後にどのくらい体重とウエストサイズに変化が出るかを比較した実験です。

腹筋運動をするグループはシットアップといういわゆる上体起こしを実施。
初日は7回10セットを行い、徐々に回数やセット数を増やして実施をしました。
27日目が終了した時点では、合計で5004回もの腹筋運動を行ったのです。

その結果どうなったのか?
なんとこれだけの腹筋運動をしたにも関わらず、運動を全くしないグループと比較して、体重・ウエストサイズ共に優位な差が生まれなかったのです。
この結果から、ウエストを引き締めたいからと言って闇雲に腹筋運動をすることがいかに非効率であるかが分かります。


更に、2011年に行われたVisputeの研究でも同様の結果が出ています。
この実験では18歳から40歳までの24名の参加者(男性14名・女性10名)を腹筋運動をするグループと、何もしないグループとにランダムに分けて研究を行いました。

腹筋運動をするグループは7種類の腹筋運動を10回2セット、6週間に渡り実施をしました。



その結果、この実験においても腹筋運動をしたグループと何もしないグループとではウエストサイズ、腹部脂肪共に有意な差は生じなかったのです。

このように腹筋運動をすればお腹が引き締まる、くびれができるという世間一般の謳い文句がいかに眉唾であるかが分かります。
実際にこの研究を行ったVisputeらも腹筋をすればお腹が引き締まるという宣伝に惑わされないように、注意を呼びかけています。


落としたい部位の筋トレをガシガシやったからといってそこの部位が引き締まるわけではないのです。

ポッコリお腹撃退の鍵は高強度運動


ではどのようにポッコリお腹を治せば良いのでしょうか?

脂肪を落とすには摂取したカロリーよりも消費カロリーが上回るよう、食事改善でバランスを取ることがまず1つ。
そしてもう1つの鍵が高強度の運動です。



高強度の運動を行うと、自律神経の交感神経が活性化され、カテコールアミンと言われるホルモンが増加します。
カテコールアミンはアドレナリン受容体を介して、脂肪分解を促進しエネルギー合成を高めます。
このアドレナリン受容体は皮下脂肪よりも内臓脂肪に多く存在するので、高強度運動により内臓脂肪が減少しやすくなるのです。


では、どういった運動が高強度運動なのでしょう?
高強度運動は、短時間で体力の限界に生じるような運動のことです。


なので先に論じた腹筋運動をガシガシやり込むのは、低強度の運動を繰り返しているに過ぎません。
(フォームによってある程度はきつく出来ますが)
またジョギングなども一定の低強度運動を長々と続けているだけなので、効果が薄いです。


高強度運動はやはり筋トレがおススメです。
それもバーベルを用いたスクワットやデッドリフトなど。




なぜなら、重さを増やすことで負荷を調節でき、1度に複数の筋肉を鍛えることが出来る運動だからです。
それだけカロリーの消費も高く、カテコールアミンの増加も高いので内臓脂肪の減少に効果が期待できます。


こういった筋トレのデメリットは、フォームの習得が難しく、1人ではなかなかマスターしにくいところでしょうか。
あなたもぜひ高強度運動を取り入れて、ポッコリお腹を撃退してみてください!


まとめ


・ポッコリお腹の正体は内臓脂肪

・腹筋をガシガシやってもポッコリお腹は治らない

・ポッコリお腹改善には食事改善と高強度運動を行うこと

・高強度運動はバーベルを用いた筋トレがおススメ。

参考文献

・Effects of Sit up Exercise Training on Adipose Cell Size and Adiposity

・The effect of abdominal exercise on abdominal fat

・Metabolism of adipose tissue in intraabdominal depots of nonobese men and women

編集後記


ペヤング獄激辛シリーズのニンニクを食べてみました。
ネットでは極激辛シリーズ最強!という声も多かったのでワクワクしていましたが、美味しく完食できました♪
もっと辛いものが欲しい・・・。

体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓