#59 最短でボディメイクをしたいなら、柔軟性を上げるべき



パーソナルトレーナーの荒井です。


ボディメイクで結果が見えてくるには、最短でも2ヶ月から3ヶ月の期間がかかります。
最短で結果を出すには柔軟性を高めることが重要です。
なぜかと言うと柔軟性が高い人の方が、より難易度の高い筋トレ(バーベルやダンベルを使ったトレーニング)にチャレンジできるからです。


ボディメイク目的で筋トレをするならば、マシンでのトレーニングも良いのですがバーベルやダンベルを使ったトレーニングの方が効果が高くなります。
複数の筋肉を一度にたくさん使えるからです。


バーベルやダンベルを使ってトレーニングをするには柔軟性が必要になってきます。(スクワットやデッドリフトなど)
柔軟性は比較的短期間で手に入れることが可能です。


運動後やお風呂あがりなど、体が温まっている状態の時にストレッチを行いましょう。
目安としては痛気持ちいい範囲で30秒ほど伸ばします。


反対に体が硬い人というのはトレーニングでも大きく体を動かすことが出来ないので、筋肉に効かせることが難しかったり、動きが小さいぶんカロリー消費が少なくなってしまいます。


特に日頃、ヒールの高い靴を履く習慣のある方はふくらはぎ周りの筋肉が硬くなりやすいので、入念にストレッチを行うことをお勧めします。


柔軟性が上がれば肩こりや腰痛などのお悩みも消えますし、姿勢も整い立ち姿も美しくなります。
筋トレと違いストレッチは毎日行なっていただいても大丈夫です。
日頃からストレッチに取り組み、難易度の高いエクササイズもこなせる柔軟性を身につけていきましょう。

ただし運動前にストレッチを行うのはお勧めしません。
運動前にストレッチを行うと、リラックス作用が働いてしまい力の発揮が落ちてしまうからです。



運動前はラジオ体操のような動くタイプのストレッチを行ってみたり、有酸素運動を軽く5分から10分程度を行って体を温めた方が効果的です。


以上のことから最短でボディメイクを達成した場合は、日頃からストレッチをして柔軟性を高めることが大事です。
なぜなら柔軟性が高まることで難易度・強度の高いエクササイズにチャレンジできるからです。


体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓