#81 プロテインは飲んだ方が良いですか?という質問への回答


引き締め専門パーソナルトレーナーの荒井です。
『ボディメイクを通じて人々の自尊心を高め、日本を元気にする!』をモットーに活動しています。

プロテインは飲んだ方がいいのですか?という質問を多く頂きます。
これに関する私の回答はこちらです。


わかりません。


『荒井は無責任だな!!』
そう思うかもしれませんが、プロテインを飲んだ方がいいですか?という質問だけでは、その人にとって本当にプロテインが必要なのかは分からないものです。

プロテイン飲んだ方が良いですか?だけでは回答に必要な情報が揃っていない


なぜなら、その質問だけでは情報が欠けているからです。
プロテインを飲んだ方がいいですか?という質問は、例えるとするといきなり知らない番号から電話がかかってきて、『電車に乗った方がいいですか?!』と聞かれるのと同じ状態。


プロテインを飲んだ方がいいですか?も電車に乗った方がいいですか?のどちらも、手段だけを尋ねています。
電車に乗った方がいいですか?!といきなり電話かけられても、チンプンカンプンになりますよね?


これはなぜかと言うと、手段のみ伝えられて目的と現在地がわからないためです


電車に乗った方がいいですか?!ではなく、
『私は○○という場所に行きたいのですが、今は〇〇という場所にいます。この場合電車に乗った方がいいですか?!』という質問が適切な質問です。


あなたがまず、どこに行きたいのか?という目的を明確にし、あなたの現在地はどこなのか?そのために何という手段を用いるのか?という質問を1セットにする必要があります。



質問は目的・手段・現状を1セットにまとめる必要がある


プロテインを飲んだ方がいいですか?という質問に関しても例えば、
『私は筋肉量を増やしたいのですが、今現在食が細くどうしても朝食は食べれていません。この場合プロテインは飲んだ方がいいですか?』
という質問なら、目的・現状・手段が1セットにまとまっています。


そのような質問であれば私も、
『そうですね、朝食の欠食があるようでしたら、あなたはタンパク質が大きく不足している可能性があります。そして、筋肉を増やしたいならタンパク質は必須な栄養素なので、プロテインを飲んだ方がいいでしょう。』
という回答ができます。



また別の例で例えるなら、
『私は夏までに5キロ痩せたいという目標があります。今現在3食とも食べ過ぎの傾向があり、間食もしているので、どんどんと体重が増えてしまっています。この場合プロテインを飲んだ方がいいですか?』
という質問が来た際は、

『カロリーを大幅に摂取しすぎている傾向がありますね。今のあなたの段階でプロテインを飲んでも、さらにカロリーを上乗せすることになるでしょう。まずはサプリメントよりも、食事のボリュームや質を見直してみてはいかがでしょうか?』というアドバイスができます。


このようにプロテインは飲んだ方がいいのですか?という質問は、行き先も現在地もわからないのに電車に乗った方がいいですか?と聞いてしまうのと同じ状態。


あなたの目的はまず何なのか?そして現状はどういう状態なのか?というのをしっかり相手に伝えた上で、プロテインが必要かどうかを尋ねる必要があります。
あくまでもプロテインは栄養補助食品なわけですから、食事の記録からたんぱく質が不足しているなら摂ることが望ましいですね。



まとめ


以上のことから、プロテイン飲んだ方がいいですか?と聞かれても私自身は、分かりませんとしか答えることができません。
それは回答するのに不足な情報が欠けているからです。

質問に答えてもらうには、目的・手段・現在地を明確にする必要があります。

このように、あなたもこれをしたほうが良いのか?とただ単純に考えるのではなく、あなたの目的は何なのか?現状はどうなのか?というのを明確にした上で、判断する癖を日頃からつけると良いでしょう。


編集後記


 3月1日に私の初の著書(電子書籍)、
『ボディメイクは思考が9割』が発売となりました!
多くの方にご購入いただき誠に嬉しいです。ありがとうございます。
これを機に、初めて電子書籍で読書をした方も多くいらっしゃるようで嬉しい限りです。

体を引き締めるための知識が早わかり♪
『美BODYメイク5つの秘訣』レポートを無料プレゼント!

身体を引き締めたいのなら、
あなたの知識 × あなたの行動 が =結果 となります。
つまりいくらがむしゃらに行動しても、知識がゼロなら結果はゼロなのです。

結果を出すための知識が身に付く&私(荒井)のパーソナルセッションでもお伝えしている内容をまとめた、『美BODYメイク5つの秘訣』のレポートをただいま無料でプレゼントしています。
LINE公式アカウントで友達追加をして是非受け取ってくださいね。


友だち追加はこちらから↓